罰金制度

かつて風俗店では罰金制度が存在していました。しかし、近年はすぐにインターネットで悪評が広まって求人が取れなくなるので、優良店で罰金制度が発生することはほとんどありません。現在、お店が女の子に罰金を取るケースはあるのでしょうか。

一番多いのは無断欠勤や当日欠勤、遅刻が連続した場合です。ただし、これらの行為でいきなり罰金が発生することは少なくなりました。たとえば、予約したお客様に対して何度も迷惑を掛けたり、シフトを組んだのに無視されたりというとき、仕方なく罰金または損害賠償を科すことがあるようです。通常、お店は女の子に対してクビという措置を取ります。

店外デートも罰金の対象です。風俗店の仕事は女の子とお客様の出会いを仲介することなので、お店にとっての損失になってしまいます。店外で会っていた時間をお店の利用料金から計算し、お客様または女性に罰金や損害賠償を請求することも少なくありません。

デリヘルを掛け持ちしている場合、罰金が発生したという事例もありました。ただし、これは悪質な罰金が発生した事例です。このような方法で罰金を請求しているお店は、優良店ではないと言えます。

なお、法的に罰金を請求することはできません。風俗求人を見るときは、罰金を科されることがなく、安心して働ける優良店を探しましょう。

1 2 3